自己破産を考えてますが、任意売却する意味はありますか?

質問

カードキャッシングの借入が150万円に膨らみ、住宅ローンも約半年遅れていて、競売になってしまいそうです。主人とも相談して、自己破産をしようと話していますが、このような状況でも任意売却をする意味はあるのでしょうか?

どうせ家を取られてしまうなら、すぐに自己破産の手続きをした方が楽なのかなと思っています。 私たちのような状況の場合でも、任意売却をした方が良いのでしょうか? そうであれば、そのメリットを教えて頂けますでしょうか。よろしくお願いします。

「任意売却する意味があるか」返答はコチラ

任意売却チェックポイント

任意売却の注意点

住宅ローンが払えなくて競売になってしまいますが、競売参加者は競売不動産の室内を実際に内覧することはできません。(現況調査報告書で数枚の写真だけは見れます)不安要素を考慮して競売入札しますので、一般的な市場価格より安値で落札されることがほとんどなのです。

一方、任意売却では、仲介者を通じて債権者と債務者が相談し、お互いが納得できる価格設定をする事により、通常の物件として売却をしますので、室内も内覧することが可能なのです。その結果、市場価格に近い金額、つまり競売より高い価格で売却でき、残債務も減らすというメリットがあるのです。

注意点は、不動産の売却代金で住宅ローンを全額払いきる事が出来ない任意売却において、あなたのマイホームを売却しても、債務が残ってしまうということです。

「担保になっている不動産を処分したんだから、住宅ローンは無くなったんでしょ」 とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながらそうではないのです。

詳細は 「任意売却の注意点」続きはコチラ

引っ越し代

「任意売却をすると引越し代いくらもらえるんですか?」

このようなご質問をしばしば受けます。もらえないより、もらえた方が良いですし、どうせもらえるのなら少ないより多い方が良いと思うのは、当然の事かと思います。ひと昔前であれば、任意売却をする際に引っ越し代は必ずお渡しできますと言えましたが、現在ではそこまで確約することは出来ない状況です。というのも、引っ越し代をあなたに渡すということは、返済にまわす金額が少なくなるわけです。1円でも多く回収したい債権者としては、住宅金融支援機構を筆頭に引っ越し代を認めない傾向が高まってきております。もちろん、当社としては全力で引っ越し代を認めて頂けるように交渉していきますが、ご相談の段階で確約できる話ではないということをまずご理解下さい。

そのうえで、「なぜ引越し代をもらえるの」「引越し代がもらえないケース」について解説していきます。

「任意売却の引越し代」の続きはコチラ

任意売却とは

任意売却とは

不動産を売却するためには抵当権の抹消が必要
 不動産を購入する際、ほとんどの方は住宅ローンを組まれますが、債権者(金融機関)は、融資の担保として、購入された不動産に抵当権を設定し、返済が滞った場合の保険をかけるのです。抵当権がつけられた不動産を売却するためには、この抵当権を抹消する必要があります

「任意売却とは」続きはコチラから

任意売却相談無料

Copyright(c) 2009 - 2016 任意売却アップレート All Rights Reserved.