離婚と住宅ローンの残った不動産

離婚するから連帯債務者、連帯保証人から抜けたい

離婚を理由に連帯債務者・連帯保証人から外れることはできません。融資を受けた金融機関に相談してみるのが間違いありませんが、何の追加担保もなければ、外すことは出来ないでしょう。借入金を全額一括返済し、新たにローン(単独ローン)を組むような方法ができれば可能ですが、簡単ではありません。そもそも、単独では借りれないので連帯債務になってるというのが実情ではないでしょうか。

「連帯債務から外してもらう」と、離婚の条件としてダダをこねるケースもございますが、連帯債務から外す外さないは、離婚の相手に決定権はございません。 財産分与があって、それを放棄、もしくはそのお金を住宅ローンの返済に充てて連帯債務から外れるというケースもございますが、あまり一般的ではありません。

point:自分たちの都合だけで、簡単に抜けられるような契約ではないのです

住宅ローンの名義変更をしたい

保証人を抜けれないのなら、不動産も住宅ローンも夫から妻へ名義変更したい。
これも、残念ながら簡単な話ではありません。住宅ローンは銀行と契約者の間で交わされた契約です。抵当権者である金融機関の承諾が必要となるのです。夫名義の住宅ローンの不動産に、離婚後も妻が住み続けるからという理由で、住宅ローンを妻名義にしたい場合、妻にそれなりの収入がなければなりません。正社員として就業し、返済基準を満たす年収を得ていることが大前提となります。

このような大きなハードルをクリアできれば、住宅ローンの名義を移し変える可能性が出てきますが、一般的には住宅ローンの名義変更は無理な場合が多いため、実務では、妻の身内等に売買するといった手続きをする方が多いです。

任意売却相談無料
最終更新:2017-07-24
Copyright(c) 2009 - 2016 任意売却アップレート All Rights Reserved.