思いがけない援助

住宅ローン以外で毎月12万円

住宅ローン以外の借金返済が12万円(教育ローン、自動車ローン、カードキャッシング)、住宅ローンの返済が、毎月13万円。マンションの管理費、修繕積立金、駐車場が3万円。これらの合計が、28万円にもなります。

手取り35万円程ありますが、3人家族(主人、妻、大学生の息子)の生活費を考えると、とても払っていけません。キャッシング等も限度額までいき、生活費に困って、買物はクレジットカードすべて行っているので今は大丈夫ですが、来月カードの請求書がきたらもう払えません。

売却を検討

持っているカードの限度額まで借入しているため、キャッシングするところもありません。消費者金融に新たに申し込みに行きましたが、もう借りれませんでした。少し怖い金融業者に行けば多少は借りられるのかもしれませんが、さすがにそれをしたら人生お終いだろうと思います。

インターネットで不動産屋に一括査定の売却相談をすると、週末自宅に営業の方が来られて説明してもらいました。私たちの場合は、売却しても住宅ローンを全額返済するためにおよそ800万円~1100万円不足するようです。ここで、初めて任意売却という言葉を聞いたのでした。

一括査定依頼をしていたため、6社くらいに査定の情報が流れてしまい、断りきれずにもう2社訪問査定に来ました。1社目の方は任意売却の話をしてくれましたが、その後の2社の方は、任意売却というより、高めの金額(住宅ローンを完済できる金額)で販売しましょうという話で、任意売却について聞いても、なぜか回答はあいまいで任意売却しない方が良いみたいなことしか言いません。

任意売却業者に相談

任意売却という方法を知ったものの、具体的にどのように進んでいくのかよくわからず、今度は任意売却を多く行っていそうな不動産屋さんを探しました。 一括査定をすると、また断るのが大変なので、今度は1社に絞って相談したのです。

不動産屋さんが家に来ると話が長引くし、「いまお決め頂くと」などと断りにくいので、事務所に伺って話を聞きたいという私の気持ちが通じたのでしょうか。
「会社に来ていただいても良いですし、近いので伺っても構いませんがどちらの方が都合よいですか?」
事務所に行って、1から説明を聞かせていただきました。
「いま売却するかどうか決める必要はありませんよ」
という説明にも好印象が持てたので、その場で媒介契約を結んだのです。

思わぬ援助

50歳にもなって、住宅ローンが払えないと、年金暮らしの親に泣きつくわけにもいかないです。だからと言って、マンションを処分したことは、隠せることではないので、

「住宅ローン払えないから、マンション売るよ」

単純に報告のつもりでした。

「もう少しよく考えなさい」

考えたうえでの結論ですが、そう言う親の気持ちもわからないわけではありません。恥ずかしながら現状を伝えると、

「住宅ローン以外の借金の350万円がなくなれば、やっていけるんだな」

父に言われ計算してみると、教育ローン、自動車ローンがなくなれば毎月の支払いが12万円少なくなります。それなら問題なく生活できると返答すると、

「ちょっと待ってろ」

奥に行って戻ってきた父の右手に、予想していないものがありました。タンス預金というやつでしょう。4つの束をテーブルの上において

「今回だけだからな」

自分で売ると言って媒介契約を結んだのに、翌週には契約解除させていただくことになって本当にご迷惑をおかけしました。50歳にもなって本当に恥ずかしい話だと思います。そして、お父さんありがとうございました。

任意売却相談無料
最終更新:2016-03-24
Copyright(c) 2009 - 2016 任意売却アップレート All Rights Reserved.