100万円の引っ越し代

当てにはしていませんが、期待はしています

住宅ローンの支払いができなくて、マイホームを処分しなければいけない状況であれば、任意売却を選択した方が良いのかな? インターネットを見て、K不動産会社に相談しました。とても、親切に話を聞いてもらえたこと、100万円もの引っ越し代がもらえるという話を頂き、そのK不動産会社に依頼しました。もちろん、100万円の引越し代を保証するわけではありませんが、私のケースだと最低50万円以上、100万円もらうことも今なら十分可能だという話でした。半信半疑の気持ちもありましたが、担当者のSさんはを信じて依頼することにしたのです。

そして、販売が始まり色々な不動産屋さんがお客様をご案内しにきまして、約2か月後、購入の申し込みが入りました。聞きにくいことですが、気になっていた引っ越し代について聞いてみると、100万円で交渉中とのことでした。ある程度は頂けるんだと判断して、売買契約を締結し引っ越しもしてしまいました。引越しをして、引渡しを2週間後に控えた段階でK不動産会社から連絡があり、「100万円はダメでしたが、80万円は何とか確保できました」というのです。まあ、仕方ないなと思いましたが、キャッシングも20万円程ありましたし、引っ越ししてお金に困っていた所なのでありがたい話です。K不動産会社に頼んでよかったと思っていました。

言った言わないとズレ始める

話が噛み合わないと感じ始めたのは、ここからです。担当者Sさんは、「説明しましたよ」と言いますが、私も妻も聞いた覚えがありません。手元に残るお金は20万円だけ、というのです(固定資産税の精算金を含めると約25万円)。80万円の内訳は、約20万円(壁紙交換・クリーニング)、約40万円(管理費、修繕積立金滞納分)、20万円(引っ越し代として、手元に頂けるお金)となります。

売買代金の中から、管理費の滞納を払うという話は、聞いていましたが、だからと言って、引っ越し代(手元に残るお金)が減るなんて聞いてませんし、壁紙交換、クリーニングについては初耳です。釈然としませんが、私たちに都合の良いように勝手に解釈していて、しっかりと確認をしないまま話を進めていたという点で落ち度があったのかもしれません。

夫婦でよく話し合って考えてみましたが、すでに引っ越してしまっていますし、お金はもらえるだけでありがたい話なのですので、このまま進めてもらおうという話になりました。担当者のSさんも若い方で、上手く伝えられなかっただけなのでしょう。Sさんもお詫びに来られましたし、後日K社のホームページの100万円引っ越し代という文章も訂正されていました。

アドバイス
 すでに、不動産引渡しも終わっているケースですが、宅地建物取引に関する苦情窓口に相談することもできます。この窓口は、不動産会社を詳しく調査する権限があり、悪質な場合には不動産会社を営業停止処分にする場合もございます。

【首都圏苦情等不動産相談窓口】
東京都 http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp 
神奈川 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f188/
千葉 http://www.pref.chiba.lg.jp/kenfudou/soudan/fudousan.html
埼玉 http://www.pref.saitama.lg.jp/site/

今回相談いただいた方は、営業停止になるほどの悪意のあるものはないだろうということで、大ごとにはしませんでしたが、お金に困っている相談者の弱みに付け込んで、甘い言葉で任意売却をすすめる業者さんもいらっしゃいます。同業者として、恥ずかしく思いますが、皆様がそういった業者に騙されないためには、他のページでも書いているように複数社に相談することです。
あなた自身が、知識をつけることで、失敗するリスクを軽減することができるかと思います。

任意売却の引越し代 http://ninbai.jp/menu/moving.html

任意売却相談無料
最終更新:2012-10-07
Copyright(c) 2009 - 2016 任意売却アップレート All Rights Reserved.