住宅ローンを払えない

住宅ローンが払えなくて、住宅ローンの支払いを延滞してしまうとどのようになっていくのかを解説していきます。

初期(0か月から2か月滞納)

貯金も底をつき住宅ローンを延滞してしまうと、催促の電話や、「返済のお願い」等という督促状が届きます。

対策
この時点では、「せっかく購入したマイホームを手放したくない」と家族にも相談されない方も多いようです。金融機関に相談することで、支払い変更、期間の延長等柔軟な対応をしていただけることもあります。根本的な解決策ではありませんが、「絶対に手放したくない」という方は、まずは金融機関に相談してみてください。

また、初めてのことで「どのように対応すればよいのか、わからない」という方も多くいらっしゃいます。当社に相談したからと言って、売却しなければいけないなんてことはございません。 初期段階だからこその解決策があるかもしれません。一緒に見つけていきましょう。

中期(2か月から5か月滞納)

信用情報機関に延滞情報が記録されてしまいますので、新たな借入は難しくなってきます。「催告書」等の返済を促す書面が届きますが、延滞を解消しようにも、数十万円のまとまった金額が必要となります。

対策
マイホームを売却することも視野にいれて、検討する必要があります。親、兄弟等からお金を借りて、延滞分を解消するケースもございますが、今後の支払いも継続してできるのかをよくお考えになってから返済することをお勧めしています。まずは現状(収入、支出)を正確に把握することが大事ですね。

収入(  )円-毎月の住宅ローンの支払い(  )円=生活費(  )円
短期的にではなく、1年、2年と中期的にやりくりしていけそうですか? 競売まで時間に余裕のある状況ではありませんので、不安に思われる方はお早目にご相談ください。

末期(6か月以上)

この段階にきて、「滞納している分をまとめて払うから」と金融機関に相談しても残念ながら相手にしてもらえません。競売手続が進められていきます。

住宅ローンの契約をした際、「保証会社の保証」を利用されていれば、万が一、債務者が返済不能(6か月滞納の場合が多い)となった場合には、「債務保証委託契約」に基づいて、銀行は保証会社に「代位弁済」を依頼し、あなたの住宅ローン残債務は、代わりに代位弁済をしてくれた保証会社へ移ります。保証会社は、分割ではなく一括での請求をしてきます
保証会社ではなく、債権回収会社(サービサー)が回収窓口になることもありますので、前述の「保証会社」については、「債権回収会社(サービサー)」と読み替えて頂くケースもございます。

これ以降の選択肢は、大きく以下の2つ分けられます。

  • マイホームを競売にかけられて処分
  • マイホームを任意売却する

競売は、債権者が裁判所に競売開始の申し立てを行い手続きを進めていきます。落札された代金は住宅ローン残債務の返済に充当されますが、住宅ローンの残債務が売却代金で賄いきれない場合は、残金はあなたが払い続けることになります。

それに対して任意売却は、自分で依頼する不動産業者を見つけるという能動的な行動とも考えられます。任意売却をして残った債務については、競売と同じように支払い義務は残りますが、競売よりも「自分の意志で売りに出す能動的な任意売却」の方が高く売れる可能性があり、その結果債務も少なくなり、引っ越し代も頂けるというメリットもあります。

他の方法として親子間売買、リースバックといったイレギュラーな方法で自宅を残す道もあるかもしれませんが、ここでの説明は省略いたします。

上記内容は一般的なケースであり、すべての方にあてはまるわけではございません。予めご承知おきください。

個人版民事再生

マイホームを残す選択肢として、個人版民事再生を利用されるケースもございます。比較的新しい制度で、既存の借金を裁判所の手続きで圧縮してもらい、その圧縮された金額を原則3年間で支払っていくというものです。ここで大事なことは、住宅ローン以外の借入金が免除されますが、住宅ローンの債務は残るということです。 つまり、住宅ローンしか借入がないのに、民事再生をしようとしても、意味がないということです。この件については詳しく聞かれたい場合は、弁護士、司法書士等の専門家に相談ください。

任意売却相談無料
Copyright(c) 2009 - 2016 任意売却アップレート All Rights Reserved.