メリット・デメリット

もしも住宅ローンが払えなくなってしまったら、ただ競売になるのを待つのではなく、できるだけ早いタイミングで任意売却専門業者などに相談すべきです。

しかしながら、任意売却にはメリットだけでなく、デメリットも存在しますので、事前に理解しておきましょう。

メリット

1、市場価格に近い金額で売れ、債務が少なくなる

一般の不動産売却と同じ方法で販売しますので、市場価格に近い価格で売却できる可能性が高くなります。

2、近所に住宅ローン滞納を知られない

一般の不動産売却ですので、ご近所の方など第三者に「お支払いができなくて売却になった」「債務超過」ということを知られることなく、売却、お引っ越しができる可能性が高い。

3、残債務の支払いにも寛容

売却をすると決めたときから、債権者とお話し合いをしているので、残債務についても柔軟に対応していただけます。

デメリット

1、手間がかかる

競売は、債権者が申立てをして、裁判所が手続きを進めて行くので、落札者から連絡が来るまで基本的に何もすることはありません。
一方、任意売却をするとなれば、依頼先を決めるのに相談に行かなければならなく、販売が始まれば内覧に協力しなければいけません。購入者が決まると売買契約に行き、引き渡しの際には銀行で手続きの必要があります。

2、成約しないこともある

任意売却を一切認めないという債権者もいます。また、任意売却は認めるものの、債権者の希望金額と購入者の希望金額が乖離してしまい、任意売却で進めたくても競売になってしまうケースもあります。

3、信用情報に事故記録(ブラックリスト)

これは任意売却をするからということではなく、その手続きの途中でのことです。
任意売却をする場合、住宅ローンの支払いをストップしているので、その手続きの過程で個人信用情報に事故情報が記録されてしまうのです。

事故情報(ブラックリスト)に登録されないような方法はありませんか?」

このような質問もあります。もちろん登録されない方法もあります。マイホームを売却する際、住宅ローンを滞納しないで販売し、売れた金額と住宅ローンの差額をご用意すれば大丈夫です。
でも、これって通常の不動産売却のことですね。それができないのであれば、競売であれ、任意売却であれ事故情報は記録されてしまいます。

信用情報は以下のサイトで確認できます。

「住宅ローンのことなんてもう一切考えたくない」と耳をふさいでしまう方には任意売却は向いてないでしょう。
やむをえず支払いが難しくなったけれども、少しでも高く売れれば多く返済できるし、その結果、将来の自分たちの生活が少しでも楽になれば、とお考えの方には任意売却が良いかもしれません。
お一人で競売か任意売却かを考えていても、そもそも任意売却を認めない金融機関からお借入しているかもしれませんので苦しくなりそうな方はお早目にご造談下さい。

任意売却相談無料
Copyright(c) 2009 - 2016 任意売却アップレート All Rights Reserved.