相談、依頼先の探し方

住宅ローンが払えなくて、任意売却の相談をしようと思い立ったら、何からスタートしたら良いのでしょうか? アポなしで不動産屋へ行って「任意売却の相談で来たんですけど」なんて言える方はごくわずかだと思いますので、どういった選択肢があるのかを解説します。

1、近所の不動産屋さんに相談

不動産売買を取り扱っている不動産屋さんであれば対応してくれることでしょう。 ただし不動産を売却しても住宅ローンが残る場合、不足分をどう補うのかを聞かれます。
「それができないから相談に来たんですけど」
「不足分を用意できなければ、抵当権消せませんので売却なんて出来ませんよ!」

最近は任意売却という制度も浸透してきて、このように門前払いにあうケースは少なく、話くらいは聞いてもらえるでしょう。何もしないより、まずは不動産のプロに相談に行くという行動をすることはとても素晴らしいことです。その行動が、未来の希望の光を導く一歩となります。

2、金融機関(債権者)から紹介された不動産業者に相談

住宅ローンを借入した金融機関から紹介を受ける不動産業者とは、こういったケースにも複数対応していると思いますので、任意売却の説明や手続きはスムーズでしょう。ただ、その業者とは、金融機関にとっては信頼できる業者であり、役員や、社員にその金融機関出身の人がいる場合もあります。天下りというやつですね。ダメだと言いたいのではなく、そういった側面もあるかもしれないということを認識したうえで、相談されることが大事です。

当社は、金融機関から任意売却をするために不動産査定や、媒介してほしいといった依頼を頂くこともあり、「金融機関から紹介された不動産業者」に該当することもございます。

3、任意売却を得意とする不動産屋さんに相談

得意としているわけですから、有力な相談先の一つになります。駅前の大手不動産業者では教えてくれなかったような事実を教えてもらえるかもしれません。

そして、実際に任意売却を依頼された場合は、2のケースより、あなたの意思を尊重しながら、スケジュールを組み、販売活動や残債務の支払い交渉を進める事が可能です。

注意点
任意売却を得意とする業者、任意売却専門業者に相談して依頼すれば間違いないわけではございません。評判の悪い話も耳にしますので、参考になればと追記いたします。

舌先三寸であなたのメリットの話ばかりをする
「引越し代を100万円渡せるように交渉しますよ」「残債務なんて無い袖は振れないでしょ!放っておけばいいんですよ」と、根拠を明らかにしない説明で、自社に売却を依頼すれば全てハッピーになれるんだと誤解させてしまう。

宅地建物取引業免許を持っていない
不動産の売却ですから不動産の免許(宅地建物取引業免許)が必要です。
問い合わせ先は、単に窓口であり、提携業者を紹介するというケースもあるようです。紹介された業者の力量次第となります。

にわか任意売却専門業者
わずか半日の任意売却セミナーに参加しただけで「任意売却のプロ」等と称して、他社のホームページをコピーしただけのホームページを作って、年間相談件数百件等という謳い文句。もうほとんど詐欺ですね。

4、弁護士、司法書士に相談

この選択肢が最も安心できる方法だと思います。しかし、任意売却を依頼するとなれば、手続きは提携などしている不動産業者を紹介されることとなります。債務整理等も検討していて、その手続きは弁護士、司法書士に任せようと決めても、任意売却は、結局は不動産業者が行うのです。そのまま紹介された不動産業者に相談をして手続きを進めるのか、上記1~3に再度相談して依頼先を決めることになります。

任意売却の相談、依頼をするポイント

あなたにとってどこに相談するのが、一番良いのかを断定することはできませんが、相談する先は1社ではなく、複数社に相談をしてから依頼先を決めると、失敗しないでしょう。

任意売却相談無料
Copyright(c) 2009 - 2016 任意売却アップレート All Rights Reserved.