みずほ銀行の住宅ローン延滞すると

代位弁済予告

みずほ銀行で、住宅ローンを借りている方が、住宅ローンを払えなく遅れ始めると、「督促」が届きます。うっかり一か月分だけ遅れてしまだけでなく、複数月に渡り滞納をしてしまうと、「代位弁済予告のご通知」なるものが届きます。

代位弁済予告の通知
この段階で、延滞を解消することが出来れば、元の状態に戻ることが出来ます。しかし、さらに延滞を繰り返すようであれば、保証会社(みずほ信用保証)が、あなたの代わりにみずほ銀行に全額返済し(代位弁済という)、「債権移転のご通知」が届いてしまいます。

債権移転(債権譲渡)

みずほ信用保証 債権移転

こうなると、もう「今まで遅れた分を返済するから」等と保証会社に話してもどうにもなりません。保証会社は、「一括でお支払いを求めるだけで、出来ないのであれば所有する不動産を競売手続きで処分します」という見解を示すことでしょう。

この段階の前に、みずほ銀行に相談して、支払い期間の延長などマイホームを残す道が見つけられれば良かったのですが、ここまでくるとマイホームを手放すざるをえない状態でしょう。

このまま何もしないで競売を待つか、任意売却で少しでも高く売って今後の生活に支障の少ないように進めていくのかという、マイホームを手放す方法を選択する段階になっています。

さらに滞納が続き、「担保不動産競売開始決定」という通知が裁判所から届いたばかりという方でも、これから競売の準備が進んでいくので落札まで数か月時間があり、任意売却できるかもしれません。

ローンを滞納する前や、滞納していても3か月程度の段階で相談して頂くことを推奨していますが、気になった方はまずはご相談ください。

・ローン滞納 なし
・ローン滞納 ○か月
・競売開始決定の手紙が届いている(日付も確認)
・裁判所から執行官が調査にきた
・入札期間の知らせが来てる
・落札者から連絡がきた

今の状況を確認してお知らせください。赤文字の段階まで進んでいると、任意売却は厳しいかもしれませんけど。

任意売却相談無料
最終更新:2018-04-19
Copyright(c) 2009 - 2018 任意売却アップレート All Rights Reserved.