住宅ローン延滞とブラックリスト

質問住宅ローンの支払いを遅れてしまっていますが、任意売却をすると、ブラックリストにはのらないのでしょうか?

よろしくお願いします。

返答 金融機関から借入した利用データや支払状況等は、個人信用情報登録機関に登録管理されています。長期に渡って返済が滞るなどの契約違反情報、債務整理、自己破産等の事故情報が、記録として登録されます。その情報は延滞情報、または事故情報というもので、それらをいわゆるブラックリストと呼んでいるのです。

現在、日本で消費者金融・クレジットカードの利用記録を扱っている代表的な個人信用情報センターは以下の3つです。

これらの機関に、個人の支払状況、ローン状況などの情報が記録されていきます。事故情報は登録されてから5年間は消えません。支払を済ませれば延滞は解消されますが、金融事故をした事実は情報として残ってしまうのです。

延滞があると、クレジットカードを新しく作成したり、ローンを組むこともできなく、今お持ちのクレジットカードさえも利用制限がかかったりする場合がございます。

ご質問の、「任意売却をすれば、ブラックリストに・・・」についてですが、そもそも任意売却とは、本来全額返済しなければ抵当権の抹消をしてもらえないところを、競売にするよりは高値での取引で、回収率もあがるのであればということで、債権者に抵当権の抹消に応じてもらうものです。
つまり、任意売却をする際には、ローンの延滞もしているので、延滞情報及び事故情報は任意売却の手続きをするもっと前の段階で、すでに登録されていることになるのです。

任意売却相談無料
最終更新:2013-07-07
Copyright(c) 2009 - 2016 任意売却アップレート All Rights Reserved.